ルフィーナに使われている主成分について

ルフィーナに含まれているグリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビを改善できるルフィーナの主成分となっています。

また、グリチルリチン酸ジカリウムは漢方の原料となる甘草根に含まれる成分であり、漢方として用いると口内炎や喉の炎症を抑える効果をもたらします。

そのため、ルフィーナに含まれるグリチルリン酸ジカリウムは、肌が炎症を起こして赤くなったニキビを抑えるのに効果を発揮してくれます。

そして、ルフィーナには水溶性プラセンタエキスが含まれるので、肌の新陳代謝を正常にする効果もあります。

なぜなら、プラセンタエキスには肌のターンオーバーを促進する成長因子が含まれているので、肌のターンオーバーの周期を改善することができるからです。

そのため、ニキビが気になる部位にルフィーナを塗ることで、肌の新陳代謝が正常に行われるようになるので、ニキビの発生を抑えることに繋がります。

他にも、肌のターンオーバーを正常化させることで、ニキビだけでなくシミやそばかすを改善することも可能になります。

また、ルフィーナは植物由来の成分が主成分として含まれているので、敏感肌の人が使っても肌荒れに追われずに使うことができます。

その上、ルフィーナに添加物が全く含まれないので、肌にできたニキビを悪化させる心配がありません。

ルフィーナには主成分としてグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、高い抗炎症作用でニキビを改善することができます。

ルフィーナ 口コミを今すぐ見てみる!

Copyright 広島で美容院を営む私の脱毛のぼやき 2018
Shale theme by Siteturner